テレビ試写室:「七人の秘書」 まるで現代版「必殺仕事人」 木村文乃たちが悪人を追い詰める痛快ドラマ

テレビ
連続ドラマ「七人の秘書」初回の場面写真=テレビ朝日提供

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組を放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は、10月22日午後9時にスタートする、女優の木村文乃さん主演の連続ドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系)だ。

 脚本は「ドクターX~外科医・大門未知子~」(同局系)、「ハケンの品格」(日本テレビ系)、NHK連続テレビ小説「花子とアン」など、数々のヒットドラマを生み出してきた中園ミホさんが担当。“影の軍団”としてひそかに集められた秘書たちが副業として「人助け」を請け負い、金や権力にまみれた非情な支配者たちを一掃する。

 東都銀行常務秘書・望月千代を木村さんが演じるほか、東都銀行頭取秘書・照井七菜を広瀬アリスさん、警視庁警務部長秘書・長谷不二子を菜々緒さん、慶西大学病院長秘書・朴四朗(パク・サラン)をシム・ウンギョンさん、東京都知事秘書・風間三和を大島優子さん、家政婦の鰐淵五月を室井滋さんがそれぞれ演じる。“影の軍団”の元締めで、秘書5人や五月と共に人助けを請け負うラーメン店「萬」店主・萬敬太郎役は江口洋介さんが務める。

 初回は、ホテルのVIPルームで秘書・七菜と密会を楽しんでいた東都銀行頭取・一原福造(橋爪功さん)が、突然、苦しみ始めて意識を失う。すると、ホテルの制服を着た千代、不二子、四朗、五月が現れて蘇生を試みるが、福造は死亡。4人は淡々と部屋に残った証拠の隠滅作業を進め、フロントでは三和が宿泊記録を削除し、去って行く。実は、福造が行きつけのラーメン店の店主で司法書士の資格をもつ敬太郎に、どこで倒れても自宅で死んだことにしてくれと依頼していたのだ。

 福造のお別れ会には政財界の要人たちが次々と訪れる中、式場の外では千代のボスで常務の安田英司(藤本隆宏さん)が千代田支店長の守谷正(山崎樹範さん)に泣きつかれていた。町工場の決算書を改ざんし、不正融資した金を安田に回したことで、税務調査で目を付けられてしまった守谷は窮状を訴えるが、安田は耳を貸さない。自殺を図ろうとした守谷を、千代が阻止。連れて行かれた敬太郎のラーメン店で守谷が経緯を話すと、秘書たちは「そんなヤツは懲らしめてやりましょう!」と宣言する……。

 理不尽な目に遭う弱者を守るため、七人の秘書たちが各自のスキルを駆使し、世にはびこる悪人たちをじりじりと追い詰めていく様は痛快だ。単純明快な勧善懲悪もののプロットになっているが、社会的なメッセージも色濃く描かれ、「これぞ中園ミホの脚本」と思わせてくれた。現代版の「必殺仕事人」と言える内容。見た後にはスッキリとした気持ちになるだろう。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る