#リモラブ:“美々”波瑠をサポートする“八木原”高橋優斗に「できる新人看護師」「仕事人」 表情の演技にも反響

テレビ
日本テレビ系で毎週水曜午後10時から放送中の連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」のメインビジュアル=日本テレビ提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系、水曜午後10時)第2話が、10月21日に放送された。新人看護師の八木原大輝(高橋優斗さん)が美々(波瑠さん)をサポートする姿に、視聴者から「八木原仕事できるう!」「美々先生が何したいかちゃんと察知して動ける」「空気が読めて仕事ができる」「できる新人看護師」「新人看護師なのに仕事人」といった反響が寄せられた。

 ドラマは、「きょうは会社休みます。」「世界一難しい恋」を手掛けたチームによる“恋愛弱者のラブコメ”第3弾。波瑠さん扮(ふん)する恋をさぼってきた“おひとり様”大桜美々の久しぶりの恋を描く物語で、美々が恋する相手は社内にいるという設定。脚本は、NHK連続テレビ小説「スカーレット」などの水橋文美江さんが担当する。

 第2話は、美々(波瑠さん)がSNS上で出会った「檸檬(れもん)」に恋してから5カ月。2人のやり取りは互いに相手を知らないまま順調に続いていた。ある日、美々は青林風一(松下洸平さん)から意味深に食事に誘われ、青林が「檸檬」かと疑うも、青林と営業部の我孫子沙織(川栄李奈さん)のあるシーンを目撃し、勘違いだと気づく。

 そんな中、美々はSNSでのある会話をヒントに社内の健康診断のデータの中から該当人物を探す。そして、朝鳴肇(及川光博さん)、岬恒雄(渡辺大さん)、五文字順太郎(間宮祥太朗さん)は美々の特別健康診断を受けることになるが、実はその裏には「檸檬」がした話と一致する相手を探し出すという目的があり……というストーリーだった。

 美々が求めていそうな情報を伝えたり、美々の仕事を素早く手伝う八木原に対して、SNSなどでは「できる部下すぎ」「私の会社にも後輩としてきてほしい」といったコメントも見られた。

 そのほか、「マスクをつけたままでも表情豊か」「八木原くんのコロコロ変わる表情がたまらん!」「八木原くんの表情見てるだけで楽しい」と表情の演技にも注目が集まった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る