極主夫道:“雲雀”稲森いずみに「姉さん最高」「イケイケ」の声 「見どころ満載」と“虜”になる視聴者も

テレビ
連続ドラマ「極主夫道」第3話のワンシーン(C)ytv

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)第3話が、10月25日に放送された。稲森いずみさん扮(ふん)する雲雀に対し、視聴者からは「雲雀姉さん最高ですわw」「今週もイケイケ」「面白すぎ」「振り切ってるな~」「雲雀さん好きすぎる」といった反響が相次いでいる。

 ドラマは、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」といわれたが、極道から足を洗った後に結婚して専業主夫となった龍が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描くヒューマンコメディー。

 第3話は、雲雀は天雀会が解散し、生計を立てるためにスーパーでパートを始めたが、レジをうまく使いこなせず、「これが令和の時代かねえ」と嘆いていた。それを聞いた夫の菊次郎(竹中直人さん)は、雲雀が勤めるスーパーに乗り込み、店長の三宅(本田力さん)に「今から全部もっと使いやすいレジに入れ替えろ!」と言い放つ。

 しかし、三宅は「雲雀さんがレジの使い方を覚えれば済む」と一言。雲雀は「冷たいねえ」「世の中変わっちまった」と言いながら恨みを歌にして晴らそうとするも、三宅によって止められてしまう……というストーリーだった。

 劇中では、歌を歌えなかった雲雀がすねた顔になる様子や、着物姿で町中を走り回る場面も描かれ、「膨れてるw 可愛い!」「走り方何か可愛い」といった声が寄せられ、「雲雀姉さんのシーン本当好き」「見どころ満載、目が離せない」「雲雀姉さんの大ファン」と“虜(とりこ)”になる視聴者が続出した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る