麒麟がくる:次週「帰蝶がくる」に視聴者歓喜 「やっと」「ついに」で「震えが止まらない」ファンも

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で川口春奈さん演じる帰蝶 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第30回「朝倉義景を討て」(11月1日放送)の予告が10月25日に公開され、女優の川口春奈さん演じる帰蝶が再登場することが明らかになった。

 川口さん演じる帰蝶は、4月12日放送の第13回「帰蝶のはかりごと」を境に、女軍師的な活躍を見せ、夫の信長(染谷将太さん)と父・斎藤道三(本木雅弘さん)による「聖徳寺の会見」を成功に導くなど、随所で敏腕プロデューサーぶりを発揮。ファンから「帰蝶P」と呼ばれ、人気を集めていたが、放送休止前の6月7日放送の第21回「決戦!桶狭間」を最後に出番がなく、「帰蝶ロス」も叫ばれていた。

 第30回「朝倉義景を討て」が、8月末の放送再開後、初の出番となり、予告には以前と変わらぬ、美しく、凛(りん)とした姿が映し出され、「それゆえ私は申し上げました。朝倉をお討ちなされと」のせりふもあった。

 SNS上では「おおっ! 次回は『帰蝶がくる』か?」「次回、やっと帰蝶が帰ってくる(泣)」「来週やっと帰蝶Pに会えるー!!」「随分待ったぞ!」といった歓喜の声が上がったほか、「予告に沸く、帰蝶Pクラスタ」「来週は帰蝶様出てくると聞いてすごくテンション上がる」「何より予告の帰蝶様に震えが止まらないっス」「予告の帰蝶様、相変わらずのようで何よりです」といった投稿も見られた。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となっている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る