高橋一生:サイコパス殺人鬼役に期待の声続々「最高に楽しみ」「ワクワク」 「天国と地獄」で初の日曜劇場 

高橋一生さん
1 / 1
高橋一生さん

 俳優の高橋一生さんが、2021年1月からTBS系の「日曜劇場」枠でスタートする連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(日曜午後9時)に出演することが11月5日、分かった。高橋さんが日曜劇場に出演するのは初めてで、表向きはやり手の経営者だが、本性は類いまれなる頭脳と知識を駆使するサイコパスな殺人鬼、日高陽斗(はると)を演じる。SNSでは「サイコパスな殺人鬼!? それめっちゃ待ってた!」「高橋一生さんの殺人鬼役ってすごそう」「最高に楽しみ」「ワクワクが止まらない!」「早く見たい」などと反響が上がり、ツイッターでは「高橋一生」がトレンド入りした。

 ドラマは、「世界の中心で、愛をさけぶ」「白夜行」「JIN‐仁‐」「天皇の料理番」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナルストーリー。主演の綾瀬はるかさん演じる努力家で正義感が強く、気も強いが、慌てん坊な35歳の刑事・望月彩子と、日高陽斗の魂が入れ替わってしまう展開となる。

 魂が入れ替わるというストーリーにSNSからは「入れ替わるからドジっ子高橋一生が見られるってこと?」「魂入れ替わってからは慌てん坊の高橋一生……楽しみすぎる……」「サイコパスだけじゃなくて慌てん坊な高橋一生が見られるの?? 最高!!」といったコメントが上がった。高橋さんは「最高の入れ替わりにするべく、まずはお肌から気をつけていきたいと思います」とコメントを寄せており、「まずはお肌からww」「お肌に気を付けるのわろた」といった声も見られた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る