逃げ恥:新春SPに朝ドラ「エール」出演でも話題のKaito 滝沢カレン、池谷のぶえ、ナオト・インティライミ、金子昇、前野朋哉も

テレビ
「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」に出演する(上段左から)滝沢カレンさん、Kaitoさん、(下段左から)池谷のぶえさん、ナオト・インティライミさん、前野朋哉さん、金子昇さん(C)TBS

 11月24日放送のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」に出演することでも話題のロックバンド「インナージャーニー」のドラマーのKaitoさんが、2021年1月に新春スペシャルドラマとして放送される「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」に出演することが分かった。津崎平匡(星野源さん)の新しい職場の後輩社員役で登場する。

 Kaitoさんは「出演が決まったと聞いた時は、リアルタイムで見ていた作品にまさか自分が出演できるなんて、と信じられませんでした。こういったお仕事をいただけて光栄に思いますし、失礼にならないように頑張りたいと思いました。撮影初日は本当に緊張しましたが、星野源さんがすごく心強くて、胸を借りるつもりで全力でやりました。僕自身演技というものがほぼ未経験のため、周りの演者の皆さんに助けていただき、とても温かい現場でした。ぜひ楽しみにしていてください!」とコメントしている。

 また、森山みくり(新垣結衣さん)が勤める職場の同僚社員役で滝沢カレンさん、池谷のぶえさん、ナオト・インティライミさん、金子昇さん、みくりと平匡が区役所へ行った際に応対する職員役で前野朋哉さんが出演することも発表された。

 「逃げるは恥だが役に立つ」は、月刊マンガ誌「Kiss(キス)」(講談社)で連載した海野つなみさんの同名マンガが原作。「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくりが、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡と契約結婚し、“訳ありの新妻”として生活を始めるというラブコメディー。2016年10月期に新垣さんと星野さん共演の実写ドラマが放送され、エンディングでキャストが踊る「恋ダンス」や人気番組の“パロディー”を盛り込んだ演出、平匡とみくりの可愛くてじれったい“ムズキュン”なやりとりで人気を博した。

 スペシャルドラマでは、契約結婚から生まれた恋を経て、みくりと平匡がついに本当の“結婚”を決めた連続ドラマのその後を描く。脚本は原作の10巻と11巻を基に、連続ドラマと同じく野木亜紀子さんが担当する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る