手塚真生:「青天を衝け」で大河ドラマに初出演 尾高惇忠の妻・尾高きせ役で

大河ドラマ「青天を衝け」で尾高きせを演じる手塚真生さん
1 / 1
大河ドラマ「青天を衝け」で尾高きせを演じる手塚真生さん

 女優の手塚真生さんが、俳優の吉沢亮さん主演で2021年2月14日スタート予定の大河ドラマ「青天を衝(つ)け」に出演することが11月26日、分かった。手塚さんは大河ドラマ初出演。主人公・渋沢栄一(吉沢さん)の従兄である尾高惇忠(田辺誠一さん)の妻・尾高きせを演じる。

 手塚さんが演じるきせは、各地から草莽の志士が訪れるほど、文武に精通した人格者の惇忠を寡黙に支える人物。長男の務めがあるため、家を出ることができない惇忠の歯がゆさを、言葉にはしないがひそかに感じているという設定だ。

 そのほかに上白石萌音さん、川栄李奈さん、吉幾三さん、渡辺大知さん、大谷亮平さん、要潤さん、小池徹平さん、モーリー・ロバートソンさんらの出演も発表された。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、朝ドラ「風のハルカ」(2005年度後期)「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る