川口葵:「ボンビーガール」で話題の美女が「極主夫道」でドラマデビュー ギャルカフェ店員姿「めっちゃ可愛い」「眼福」と反響

テレビ
連続ドラマ「極主夫道」第8話に登場した(左から)川口葵さん、馬場ふみかさん、山谷花純さん(C)ytv

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)第8話が11月29日に放送された。同話には、日本テレビ系のバラエティー番組「幸せ!ボンビーガール」(火曜午後10時)の人気コーナー「上京ガール」に出演し、「番組史上最大級の美女」などと話題になった川口葵さんが登場。劇中のカフェ・ちぇりーぱふぇぱふぇで働く店員役で初のドラマ出演を果たし、視聴者から「ボンビーガールに出てた川口葵さんが出演してる!」「上京ガールの川口葵ちゃんが!」「すごいすごい!」「めっちゃ可愛い」「眼福」と反響があった。

 ドラマは、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」と言われ、極道から足を洗った後に結婚して専業主夫となった龍(玉木さん)が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描くヒューマンコメディー。

 第8話では、龍が美久(川口春奈さん)から、スイーツカフェのチェーン店・ちぇりーぱふぇぱふぇが近所に新しくできたと聞く。あちこちに出店して地元の店を潰してしまうため“スイーツギャング”と恐れられる同店の開店以来、火竜町商店街の店には客がこなくなってしまった。

 龍はおいしいスイーツを作ってちぇりーぱふぇぱふぇに対抗しようと考える。そんな中、婦人会の会長・田中(MEGUMIさん)から「自分の店を持ってみない?」と提案され、地域を取り仕切る顔役たちの八竜会を紹介される。龍は八竜会の定例会議に向かい、会長で“甘味王”と称される福田(石田ひかりさん)ら最強主婦たちに協力を申し入れる……というストーリーだった。

 劇中では川口葵さんのほかに、カフェの店員役で山谷花純さん、オーナー役で馬場ふみかさんが出演し、川口春奈さんとの共演シーンもあった。川口葵さんの登場に、SNSでは「川口葵ちゃんだー!」「葵ちゃん出た!」といったコメントが並び、カフェ店員の制服姿にも「ウエイトレス制服可愛い」「メイド服姿が可愛い」と注目が集まった。また、「女優デビューおめでと~」「良きデビュー戦でした」「このメンバーに入っていること自体がスゴい」といった祝福の声も寄せられた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る