松任谷由実:木村佳乃&吉田羊とガールズトーク 磯村勇斗“全裸待機”シーン話も 主題歌歌う「恋する母たち」撮影現場訪問

テレビ
連続ドラマ「恋する母たち」の撮影現場を訪問した松任谷由実さん(右から2番目)(C)TBS

 シンガー・ソングライターの松任谷由実さんが、主題歌を務める連続ドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)の撮影現場を訪問。主演で石渡杏役の木村佳乃さん、林優子役の吉田羊さんとガールズトークを繰り広げたり、赤坂剛役の磯村勇斗さんから“全裸待機”シーンの裏話を聞き出すなどキャスト陣と交流し、「主題歌のご依頼をいただいて本当に良かったなと。今年一番のラッキー」と声を弾ませた。

 ドラマは、女性週刊誌「女性セブン」(小学館)で2017年から今年7月まで連載された柴門ふみさんの同名マンガが原作。木村さん、吉田さん、仲里依紗さん演じる、同じ高校に通う息子を持つ3人の母たちの恋愛と友情を描いたラブストーリー。松任谷さんは主題歌「知らないどうし」を担当している。

 この日、陣中見舞いとして現場を訪れた“ユーミン”こと松任谷さんは、「私自身も“本当にいるんだ!”と言われることあるけど、今日は杏さんだ! 優子さんだ! 赤坂君だ~!って、小学生みたいになってしまいました(笑い)」と撮影を見学した感想を語った。

 その後、キャスト陣と合流し、松任谷さんとプライベートでも親交がある木村さんは、「お料理をする姿を間近で見たことがあるんですが、あまりにもお上手で、横で手伝おうとしたけれどウロウロしてしまった(笑い)」と明かし、笑いを誘った。さらにキャスト3人は、ドラマの主題歌が収録された松任谷さんの最新アルバム「深海の街」を、本人から手渡しでプレゼントされ大興奮。「姉がユーミンの大ファンなんです!」という吉田さんは、自身も「カラオケでよく歌っています」と目を輝かせた。

 最後に松任谷さんは「原作も読んでいましたが、ドラマになるとさらに立体的になっていい感じになっていますよね。今後の展開がすごく楽しみです。実は皆さんこういうドラマが本当は見たいんじゃないかな? というドラマだなと思いました(笑い)」と語り、「私の周りもハマってます! という声もたくさん聞きますし、主題歌のご依頼をいただいて本当に良かったなと。今年一番のラッキー」と話した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る