先生を消す方程式。:最終回 義経VS頼朝、命をかけた授業バトル 伝えたかった「いのちの授業」とは?

テレビ
連続ドラマ「先生を消す方程式。」最終回の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の田中圭さん主演の連続ドラマ「先生を消す方程式。」(テレビ朝日系、土曜午後11時)最終回が12月19日に放送される。担任教師・義経こと義澤経男(田中さん)と、副担任・頼田朝日(頼朝、山田裕貴さん)の最終決戦として、命をかけた授業バトルが繰り広げられる。義経が生徒たちに伝えたかった「いのちの授業」が明かされる。

 全ての記憶を取り戻した義経と、藤原刀矢(高橋文哉さん)、長井弓(久保田紗友さん)、大木薙(森田想さん)、剣力(高橋侃さん)らのいる教室に、頼朝が義経の恋人・前野静(松本まりかさん)を車いすに乗せて現れた。

 頼朝は、自分に逆らえばすぐにでも彼女の人工呼吸器を外すと言い、“授業”をすると宣言。高校時代、担任教師だった静を階段から突き落とした理由を語る。やがて頼朝は義経を刺すよう、刀矢にナイフを渡す……。

 物語の舞台は、大人を追い詰め、壊れていく姿をゲームのように楽しむ生徒の集う進学校・帝千学園の3年D組。何をされても笑顔で指導を続ける新担任の義経に、生徒たちは行動をエスカレートさせ、殺害計画が立てられるという異色の学園ドラマだ。脚本は「M 愛すべき人がいて」の鈴木おさむさん。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る