恋する母たち:“丸太郎”阿部サダヲに「最初から最後までカッコいい」 空港でのプロポーズに「泣いた」の声も

テレビ
ドラマ「恋する母たち」の最終回のワンシーン(C)TBS

 女優の木村佳乃さん主演のドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)の最終回が12月18日、放送された。阿部サダヲさん演じる人気落語家・今昔亭丸太郎について、視聴者からは「丸太郎さんが最後まで1番カッコ良かった」「『籍より暮らし、一緒に居よう』って言ってくれる丸太郎にほれた」などの声が続々と上がっていた。

 ドラマは、女性週刊誌「女性セブン」(小学館)で2017年から今年7月まで連載された柴門ふみさんの同名マンガが原作。木村さん、吉田羊さん、仲里依紗さん演じる、同じ高校に通う息子を持つ3人の母たちの恋愛と友情を描いたラブストーリー。

 最終回は、まり(仲さん)は、夫の繁樹(玉置玲央さん)が公認会計士試験に合格、仕事のめどが立ったところで離婚を切り出す。これまで抑えていた思いをぶつけるまりに、繁樹は動揺する。そんな中、まりは北海道の実家に帰るため、空港に向かうと、丸太郎が空港で待っている。驚くまりに、丸太郎は「離婚はできればすればいい。できなくても仕方ない。もうこれ以上、私とまりちゃんが一緒にいないのはおかしいよ。籍より暮らし。一緒にいよう」と告げて……という展開だった。

 SNSでは、「最初から最後まで、丸太郎さんはかっこ良かった。スマートだし、色っぽいし」「丸太郎さん最高にカッコ良かった」「今日響いた言葉。『籍より暮らし』。丸太郎さんすてきすぎる」「丸太郎さんの空港のシーンで泣いた」「一番泣けたのは丸太郎の空港でのプロポーズだった」などのコメントが並んだ。

 まり役の仲さんについても、「仲里依紗にほれた。空港で丸太郎さんのプロポーズを受けて、ぼろぼろこぼれ落ちる涙が演技に見えなかった。引き込まれた」「丸太郎さんと一緒にいるときのまりさん幸せそう」という声が上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る