逃げ恥:続編構想は連ドラ終了後から 「“今”をテーマに」P明かす“逃げ恥らしさ”

2021年1月2日放送される新春スペシャルドラマ「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」のワンシーン(C)TBS
1 / 3
2021年1月2日放送される新春スペシャルドラマ「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」のワンシーン(C)TBS

 女優の新垣結衣さんと俳優の星野源さんの共演で、2016年10月期に放送された人気連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」(TBS系)の続編を描く新春スペシャルドラマ「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」が、2021年1月2日に放送される。今回、約4年ぶりに制作された続編だが、那須田淳プロデューサーは「続編は前作終了後からイメージしていた」と語る。続編を制作するに至った経緯や、「言葉にしなくても通じ合う感覚」があったという4年ぶりの撮影現場の様子と共に、“逃げ恥らしさ”について聞いた。

 ◇「結婚後のみくり&平匡を見てみたい」 続編までの道のり

 「逃げるは恥だが役に立つ」は、月刊マンガ誌「Kiss(キス)」(講談社)で連載された海野つなみさんの同名マンガが原作。「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくり(新垣さん)が、恋愛経験のない独身サラリーマンの津崎平匡(星野さん)と契約結婚。「夫=雇用主」、「妻=従業員」の雇用関係で恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らす内、“妄想女子”と“ウブ男”がお互いを意識しだす……というラブコメディーだ。

 那須田さんは4年前の連ドラについて「その時代の“どんな人生の選択も間違ってはいない”多様な生き方すべての肯定をテーマに、人生の、生きていく上での、ちょっとした、でも大切なヒントになるようなことが描けたのかなと。多くの方にも共感していただいたように思っています」と手応えを語る。

 連ドラで得た感触から「結婚した後のみくりと平匡を『逃げ恥』的なテーマでぜひ描いてみたいという思いがあり、続編は前作終了後からイメージしていた」と話し、「海野先生に描いていただいた原作の続編をもとに、今年起こった世の中の大きな変化やそれにまつわることも含みながら続編を描いてみよう、と制作を決めました」と背景を明かした。

 また、那須田さんは「今まさに起こっていることをテーマにしていくのが『逃げ恥』の良さだと思っていて」と“らしさ”を分析する。脚本家の野木亜紀子さんからもドラマには“今”を取り入れようと提案があったといい、「現在進行形で起こっていることなので、丁寧に調べながら話を紡いでいきました。現在の世の中の姿をしっかりと反映させているところが、一番『逃げ恥』らしいポイントだと思っています」と、本作の持つ魅力を語った。

◇4年ぶり現場では「密にならない盛り上がり」 新垣結衣、星野源の“成長”も

 続編にあたり、約4年ぶりに集結したキャスト、スタッフ陣。那須田さんは「キャストの皆さんは長い期間を空けて同じキャラクターを演じることに対して、漠然とした不安があったと思う。でも、新垣さんと星野さんの場合は、2人で芝居を始めたらその不安がスッと解消されたようだった。あの頃から年齢を重ね、成長した2人の顔も見ることができて、芝居で僕らを楽しませてくれる、俳優としての2人の素晴らしさを改めて感じました」と振り返る。

 さらに、現場では「前作とほとんど同じキャスト、スタッフだったので絆のような、言葉にしなくても通じ合う感覚があった」と話し、「気持ちの中での共有というか、密にならない盛り上がりがありました」と深い関係性も感じられたようだ。

 続編では、妊娠、出産、子育て……といった、みくりと平匡の結婚後の生活が中心に描かれる。那須田さんは「結婚して家族を作っていく中で、どんな家庭にも起こり得ることが描かれている。一つ一つの問題に対してきちんと話し合っていく2人の姿からは勇気をもらえると思います」と、今作の見どころを語る。

 サブタイトルに用いられた野木さん考案の「ガンバレ人類」というワードは、「人々が幸せに生きることを目指すうえで共感できる言葉だと思った」といい、「いろいろな世代に向けたヒントが詰まっているので、若い方にはこれからの人生として、家庭をお持ちの方には現在進行形の今として見ていただけたら」と締めくくった。

 4年がたち、恋人から夫婦、そして家族となったみくりと平匡。2人の成長、進化した関係に期待が高まる。「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」は2021年1月2日午後9時~11時25分に放送。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る