波瑠:「#リモラブ」クランクアップでさみしさ吐露「明日から一人ぼっちに…」 松下洸平は一同に感謝「助けていただいた」

連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」のクランクアップを迎えた松下洸平さん(左)と波瑠さん=日本テレビ提供
1 / 2
連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」のクランクアップを迎えた松下洸平さん(左)と波瑠さん=日本テレビ提供

 12月23日に最終回が放送される連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系、水曜午後10時)で、主演を務めた大桜美々役の波瑠さん、青林風一役の松下洸平さんがこのほど、クランクアップを迎えた。ラストシーンの撮影を終えた2人には、スタッフから「これにて大桜美々役の波瑠さん、青林風一役の松下洸平さんオールアップです」と声がかけられ、大きな拍手に包まれながら花束が贈られた。

 松下さんは「お疲れ様でした! スタッフの皆さんが、感染予防対策を徹底してくださり、なかなか慣れないフェースシールドやマスクでのお芝居、最初は不安なところもありましたが、皆さんのおかげで楽しく撮影に臨むことができ、無事オールアップできました」とあいさつ。

 「僕は、まだまだテレビのお芝居に慣れていないので、ご迷惑やご心配をおかけしましたが、皆さんに助けていただき、ありがとうございました! そして、波瑠ちゃん、本当にありがとうございました! また皆さんと一緒にお仕事できる日を夢みて精進していきます!」と共演者やスタッフへの感謝を語った。

 波瑠さんは「皆さん、お疲れ様でした! 本当にとっても楽しかったです! 体調を崩す人もなく、ケガもなく、私は遅刻も寝坊もせず、ちゃんと真面目に大桜美々を頑張れたと思います」と振り返り、「『#リモラブ』では、主人公というものの重さを痛感しながらやっておりました。毎日、皆さんが笑わせてくださり、楽しい雰囲気を作ってくださったからこそできた“大桜美々”だなと、心から感謝しております」とコメント。

 撮影を終えて「さみしいです! 明日から、一人ぼっちの日常に戻されて、生きていけるんだろうか……、ドラマの冒頭の美々みたいになっちゃうんじゃないかと思います(笑い)」と話し、「また皆さんとご一緒できるように精進していきたいと思います! 本当にありがとうございました!!」と締めくくった。

 最終話では、美々と青林はお互いに分かり合いたいと思いながらも、なかなかうまくいかずにことごとくズレていってしまう。2人はクリスマスまでの間、口では言いにくい時に3回までSNSで会話してもいいと決めたルールに従い、「草モチ」と「檸檬(れもん)」に戻ってお互いへの思いを語り始める……と展開する。

 ドラマは、「きょうは会社休みます。」「世界一難しい恋」を手掛けたチームによる“恋愛弱者のラブコメ”第3弾で、波瑠さん扮(ふん)する恋をサボってきた“おひとり様”大桜美々の久しぶりの恋を描く。脚本は、NHK連続テレビ小説「スカーレット」などの水橋文美江さんが担当している。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る