麒麟がくる:第38回「丹波攻略命令」 長い戦いが始まる 三淵は切腹、斎藤利三が光秀家臣団に

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第38回の一場面 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第38回「丹波攻略命令」が12月27日に放送される。坂本城にいる三淵(谷原章介さん)に、ついに信長(染谷将太さん)より切腹の沙汰が言い渡される。戦は依然として続き、光秀(長谷川さん)は三好の一党や一向一揆の連合軍との戦で成果を上げる。

 そんな折、美濃から斎藤利三(須賀貴匡さん)が主君・稲葉一鉄(村田雄浩さん)の元を逃れ、家臣にしてほしいと光秀の元へやってくる。利三の扱いをめぐり信長に呼び出された光秀は、家臣一人の命も大事にしない主君では国は治まらないと説く。すると利三の命の代わりに、依然として敵対勢力が多い丹波を平定するように言い渡されるのだった……。予告編には「丹波を攻略せよ」「長い戦いが始まる」との文字も映し出されている。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る