LiSA:「鬼滅の刃」紅白SPメドレー披露 “煉獄演出”に視聴者「号泣不可避」「思い残すことはありません」

テレビ
「第71回NHK紅白歌合戦」に登場したLiSAさん=NHK提供

 歌手のLiSAさんが2020年12月31日放送の「第71回NHK紅白歌合戦」に登場し、「『鬼滅の刃』紅白スペシャルメドレー」を披露。ステージのバックに、人気キャラ、煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)と弟の千寿郎(せんじゅろう)が抱き合うシーンが流されると、SNSでは「煉獄さーん!涙」「煉獄演出はアカン!」「あんな映像流されたら号泣不可避」といった声で盛り上がった。

 LiSAさんは、赤い着物風の装いで「紅蓮華(ぐれんげ)」、衣装をチェンジして黒いドレス姿で「炎(ほむら)」を、体全身を使ってパワフルに歌い上げた。視聴者からは「感情が伝わってきて、息が詰まる」「感情のこもった紅蓮華と炎 最高!」「炎で号泣」「鳥肌止まらない!」「素晴らしいの一言」「今年、思い残すことはありません…」といった声が上がっていた。ツイッターでは「#煉獄さん」がトレンド入りした。

 「第71回NHK紅白歌合戦」のテーマは「今こそ歌おう みんなでエール」。初の無観客開催で、白組司会を俳優の大泉洋さん、紅組司会を女優の二階堂ふみさんが担当。総合司会は4年連続、4回目となるお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんが同局の桑子真帆アナウンサーと共に務めた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る