逃げ恥:4年ぶり続編に「おかえり」の声続々 トレンド1位 “ママパパ”の新垣結衣&星野源にも反響

新垣結衣さん(左)と星野源さん
1 / 1
新垣結衣さん(左)と星野源さん

 女優の新垣結衣さんと歌手で俳優の星野源さん共演の新春スペシャルドラマ「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!(逃げ恥)」(TBS系)が1月2日に放送。2016年10月期に放送された連続ドラマから約4年ぶりとなる続編に、SNSでは「逃げ恥おかえり!」「この日をずっと待ってた」「めっちゃ楽しみにしてた!」などと盛り上がり、ツイッターでは「#逃げ恥」がトレンド1位を獲得した。

 「逃げるは恥だが役に立つ」は、月刊マンガ誌「Kiss(キス)」(講談社)で連載した海野つなみさんの同名マンガが原作。「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくり(新垣さん)が、恋愛経験のない独身サラリーマンの津崎平匡(星野さん)と契約結婚し、“訳ありの新妻”として生活を始めるというラブコメディー。

 スペシャルドラマでは、原作の10巻と11巻をもとに、連続ドラマのその後が展開。みくりの妊娠をきっかけに2人が本当の“結婚”を決めてからの物語で、連続ドラマと同じ野木亜紀子さんが担当。

 家庭という仕事場の“共同経営者”である森山みくりと津崎平匡は共働きとなり、2人で家事の分担をしながら、平和で幸せな日々を過ごしていた。そんな中、みくりの妊娠が発覚。2人はついに正式に結婚することを決意する。

 しかし、入籍をめぐってひと悶着(もんちゃく)し、つわりで苦しむみくりを前に混乱する平匡は、「泣きたいのはこっち」と弱音を吐く始末。みくりと平匡は家事の役割分担など暮らしの再構築を目指すが、出産、育児と慣れない出来事の連続に振り回される一方。

 そして、“ある出来事”がみくりと平匡の間を引き裂き、離ればなれの日々を過ごすことに。2人は再び“ハグの日”を取り戻すことはできるのか……というストーリー。

 SNSでは、親になったみくりと平匡に対し、「2人がパパママなんて尊い……」「みくりと平匡が親になるっていう時間経過もぐっとくる」「パパママおめでとうー!」といった声も上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る