仮面ライダーW:豪華な塗装済みプラモ 川口名人監修 メタリック、艶消し塗装 グラデ、墨入れも

「仮面ライダーW」の仮面ライダーW サイクロンジョーカーのプラモデル「MG FIGURE-RISE ARTISAN 仮面ライダーW サイクロンジョーカー」(C)石森プロ・東映
1 / 9
「仮面ライダーW」の仮面ライダーW サイクロンジョーカーのプラモデル「MG FIGURE-RISE ARTISAN 仮面ライダーW サイクロンジョーカー」(C)石森プロ・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーW」に登場する仮面ライダーW サイクロンジョーカーのプラモデル「MG FIGURE-RISE ARTISAN 仮面ライダーW サイクロンジョーカー」(バンダイスピリッツ)が発売される。価格は1万1000円。

 細部まで塗装され、組み立てるだけでハイクオリティーなプラモデルを作ることができる新ブランド「MG FIGURE-RISE ARTISAN」で立体化。川口名人ことバンダイスピリッツの川口克己さんが監修し、さまざまな塗装技法からキャラクターに合わせて最適な技法で塗装する。

 右半身のサイクロンサイドはきらびやかなメタリック塗装を施し、スーツの反射光や色合いの鮮やかさ、ウィンディスタビライザーの風になびくようなグラデーション塗装を加えた。左半身のジョーカーサイドは高級感のある艶消し塗装を施した。ブラックに加え、ハイライトにグレーを使用し人体の凹凸に合わせた立体感を演出した。細部を墨入れをするなど塗装にこだわった。全高約27センチ。

 バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で予約を受け付けている。8月に発送予定。

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る