麒麟がくる:“秀吉”佐々木蔵之介 「駆け引きを仕掛ける側」のはずが様子が違う? VS光秀の心理戦「お楽しみに!」

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第41回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第41回の一場面 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第41回「月にのぼる者」が1月17日に放送される。同回には、光秀(長谷川さん)が、訪ねてきた秀吉(佐々木蔵之介さん)に、自分に密偵をはべらせ、行方不明の名茶器「平蜘蛛(ひらぐも)」を隠し持っていることを信長(染谷将太さん)に報告し、さも裏切ったかのように仕向けた調略について問いただすシーンがある。

 秀吉役の佐々木さんはドラマの公式ツイッターで、「いつもは秀吉が先手で情報をつかみ、駆け引きを仕掛ける側ですが、こたびはどうやら様子が違います……。光秀はいかなる芝居を打って出るのか? したらば秀吉はどう返すのか? 両者の心理戦、どうぞお楽しみに!」と視聴者に呼びかけている。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く。2月7日に最終回を迎える。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る