天国と地獄 ~サイコな2人~:魂が入れ替わった綾瀬はるかと高橋一生に視聴者「神演技!」「スタンディングオベーション!」

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第1話のワンシーン(C)TBS
1 / 3
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS系、日曜午後9時)の第1話が1月17日、25分拡大版で放送された。同話では、綾瀬さん演じる刑事・望月彩子と、高橋一生さんが演じるサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(ひだか・はると)の魂が入れ替わってしまい、殺人鬼となった綾瀬さんと女性っぽい言動をする高橋さんの迫真の演技にSNSでは「神演技!」「演技エグい!」「光る演技力」「二人のサイコーの演技!」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。ツイッターでは「#天国と地獄」「綾瀬はるか」「高橋一生」がトレンド入りした。

 ドラマは、「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN‐仁‐」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナル作。

 第1話は、彩子が遺体の口にパチンコ玉が詰められた猟奇的殺人事件を捜査する。駆け付けた彩子は、異様な光景である一方、掃除されたばかりのような清涼感がある殺害現場に違和感を覚える。その後、彩子は、匂いのない業務用の特殊洗浄剤があると知り、その洗浄剤の製造元の「コ・アース」社の社長・日高に会いに行くが……という展開。

 数日後、彩子は日高を逮捕しようと向かうが、階段で手錠を掛けようとしたところ、もつれ合い、2人で転落。その後、病院で気が付いた彩子だが、体が日高になっていた。

 彩子と日高の魂が入れ替わった後では、高橋さんが声質と女性らしい仕草で彩子を表現。一方、綾瀬さんは、不気味な笑顔を見せたり、声を荒らげたりするなどの芝居を見せた。視聴者からは「綾瀬はるかが急にサイコパスに見えた」「天使のような悪魔の笑顔がすごい…」「高橋一生が顔つき変わってる」「高橋一生のサイコパス~乙女演技の振り幅のすごさ!」「二人の演技うますぎて、混乱してる…」「スタンディングオベーションしたい!」といった声も上がった。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る