真木よう子:「青のSP」で「熱血だけどおっちょこちょい」な教師役 ドラマは「リアルな中学生の悩みも」

連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第2話のワンシーン=カンテレ提供
1 / 3
連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第2話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の藤原竜也さん主演の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第2話が1月19日に放送される。今作で3年1組の担任で生徒思いの熱血教師、浅村涼子を演じている真木よう子さんが、役どころやドラマの見どころについて語った。

 ドラマは、警視庁捜査1課の敏腕刑事からスクールポリスとして公立赤嶺中学校に配属された藤原さん扮(ふん)する嶋田隆平が、SNSトラブルや生徒の薬物疑惑、教師のハラスメントなど学校の闇をあぶり出し、教師、生徒を問わず法に触れれば容赦なく逮捕する姿を描く学園エンターテインメント。

 真木さんは、涼子について「いつも演じているような男勝りな役とはちょっと違って、熱血ではあるんだけれどもちょっとおっちょこちょいというか、先走ってしまうようなところがある、一生懸命で、生徒思いの女性教師」と説明し、熱血がゆえに少し空回りする役を楽しんで演じたという。

 ドラマについては「教師の方々にはぜひ見ていただきたいです。後はやっぱり子供を持つ親にも見てほしいです。スクールポリスが導入される学校の中で、翻弄(ほんろう)される生徒たちと葛藤する先生たち、学校って、さまざまな要素がいっぱい入っているし、リアルな中学生の悩みとかもあるので、中学生にも見てほしいと思います」と呼びかけている。

 第2話は、嶋田が生徒を逮捕したことで、赤嶺中学校内ではスクールポリスへの賛否の声が上がる中、妊娠3カ月の英語教師・水野楓(山口紗弥加さん)の机の引き出しから、ネズミの死骸が発見される……というストーリー。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る