監察医 朝顔:第10話視聴率12.4% “光子”志田未来が執刀中にけが

連続ドラマ「監察医 朝顔 新春SP」第10話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「監察医 朝顔 新春SP」第10話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン(月曜午後9時)の第10話が1月18日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 原作は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんの同名マンガ。設定をアレンジし、東日本大震災で母が行方不明となった法医学者の朝顔(上野さん)と、朝顔の父でベテラン刑事の平(たいら、時任三郎さん)がかたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かす様を描くヒューマンドラマ。第2シーズンは2クールで描かれる。

 第10話では、法医学教室への解剖の依頼が立て込む。そんな中、配管メンテナンス中に転落した清掃員の男の遺体を解剖していた光子(志田未来さん)が、執刀中に誤ってメスで自身の指を傷付けてしまう……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る