相席食堂:千鳥MCの関西ローカル番組 初の全国放送が決定

「相席食堂」のMCを務める「千鳥」の大悟さん(左)とノブさん=ABC提供
1 / 1
「相席食堂」のMCを務める「千鳥」の大悟さん(左)とノブさん=ABC提供

 お笑いコンビ「千鳥」がMCを務める、関西ローカルのバラエティー番組「相席食堂」(ABC、火曜午後11時17分)の2時間スペシャルが、2月2日に初めて全国放送されることが1月20日、明らかになった。1月19日に放送された番組内で発表された。

 「相席食堂」は、有名芸能人が全国を訪れ、地元の人といきなり“相席”するロケ番組。ゲストのロケのVTRを千鳥がスタジオで見守り、気になった部分で「ちょっと待てぃボタン」を押してVTRを止めながら、自由に突っ込んでいくスタイル。関西ローカル放送だが、サブスクリプションサービスなどでも配信され、人気を集めている。

 番組プロデューサーは、「ロケVTRを途中で止めることで、千鳥の壮大な漫才が始まれば面白い、と思い始めた番組が気づけば3年。近年には珍しく、情報は一切なし、お笑い純度100%でお届けするバラエティーですが、そのスタンスを崩さなかったことが、視聴者の皆様からの支持を得て、今回の全国ネットのチャンスにつながったのでは? と思っています」とコメントしている。

 番組は「相席食堂2時間スペシャル」と題し、テレビ朝日系で2月2日午後6時45分からの「『相席食堂』×『トリニクって何の肉!?』3時間スペシャル」内で、放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る