アクターズ・ショート・フィルム:磯村勇斗「監督として名乗れるのはここから」 5人の監督のインタビュー映像公開 

WOWOWの開局30周年記念プロジェクト「アクターズ・ショート・フィルム」で監督を務める(上段左から時計回りに)磯村勇斗さん、柄本佑さん、白石隼也さん、森山未來さん、津田健次郎さん=WOWOW提供
1 / 1
WOWOWの開局30周年記念プロジェクト「アクターズ・ショート・フィルム」で監督を務める(上段左から時計回りに)磯村勇斗さん、柄本佑さん、白石隼也さん、森山未來さん、津田健次郎さん=WOWOW提供

 WOWOWの開局30周年記念プロジェクト「アクターズ・ショート・フィルム」でショートフィルムの監督を務める磯村勇斗さん、森山未來さん、柄本佑さん、白石隼也さん、津田健次郎さんへのインタビュー映像が1月21日、公開された。磯村さんらが、監督としての意気込みや、それぞれが監督するショートフィルムへの思いを語っている。

 プロジェクトでは、磯村さんらが制作費や制作日数など同条件で、25分以内のショートフィルムを製作。世界から約5000本のショートフィルムが集まる米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」のグランプリを目指す。

 インタビューの中で、磯村さんは「中学の頃に確かに自主制作みたいな形で5分くらいの映像は作りましたけど、それは友達同士で作ったお遊びみたいなものなので、監督として名乗れるのはここからなんじゃないのかな」と明かしている。

 磯村さんらが監督する各作品は、WOWOWプライムで2021年1月23日午後7時から一挙放送。WOWOWの動画配信サービス「WOWOWオンデマンド」でも先行配信中。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る