ドラマ1週間:竹野内豊が同名・同原作の作品で別の役 下野紘が「レッドアイズ」に出演

「連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃」に出演する竹野内豊さん(左)と、石田ゆり子さん=WOWOW提供
1 / 1
「連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃」に出演する竹野内豊さん(左)と、石田ゆり子さん=WOWOW提供

 1週間の主なドラマのニュースをまとめて紹介する「ドラマ1週間」。今回(1月16~22日)は、俳優の竹野内豊さんが「さまよう刃」(WOWOW)で、以前に出演した同原作の同名映画と別の役で主演を務めるニュースや、声優の下野紘さんが、亀梨和也さん主演の連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演する話題などが注目を集めた。

 1月20日、竹野内さんが、5月スタートの連続ドラマ「連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃」(WOWOWプライム、土曜午後10時)で主演を務めることが分かった。竹野内さんは、2009年に公開された同名・同原作の映画(益子昌一監督)で、逃亡する犯人を追う刑事役で出演しているが、今回のドラマでは刑事に追われる犯人・長峰重樹役を演じる。女優の石田ゆり子さんの出演も発表。石田さんは、警察に追われていると知りつつ、長峰に救いの手を差し伸べる女性・木島和佳子を演じる。

 21日、アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーの永島聖羅さんが、「劇団EXILE」の鈴木伸之さん主演の連続ドラマ「お茶にごす。」(テレビ東京)に出演することが分かった。永島さんは、今作で地上波連続ドラマに初めてレギュラー出演。ドラマの舞台となる開架高校の1年生茶道部・飯倉智花を演じる。ドラマは「今日から俺は!!」などで知られる、西森博之さんの同名マンガが原作で、高校入学を機に「暴力の連鎖を抜け出し平穏な日々を過ごしたい」と願い、茶道部に入門した、鈴木さん演じる元最強の不良・船橋が、茶道の心得を知り、茶道部の仲間たちと関わることで少しずつ変わっていくさまを描く。テレビ東京で年内に放送。地上波での放送に先駆けて、3月5日から「Amazon Prime Video」で全12話が一挙配信される。

 21日、女優の伊原六花さんが、俳優の福士蒼汰さん主演で2月に放送される「ドラマスペシャル『神様のカルテ』」(テレビ東京系)に出演することが分かった。伊原さんは、主人公の医師・栗原一止(いちと、福士さん)が勤める「本庄病院」の新人看護師・水無陽子を演じる。ドラマは、夏川草介さんの同名ベストセラー小説(小学館)シリーズが原作で、長野県・松本を舞台に、「24時間、365日対応」の地方病院で働く風変わりな医師や仲間たちが真摯(しんし)に命と向き合う姿を全4話で描く。初回は2月15日午後8時から放送。

 22日、下野さんが、亀梨さん主演の連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演することが分かった。ドラマは、実在の警察組織・SSBC(警視庁捜査支援分析センター)をもとにした架空の組織・KSBC(神奈川県警捜査分析センター)の活躍を描くクライムサスペンスで、下野さんは通信指令センターの声を担当。「通信指令センター以外にも「いろいろな声で出演させていただいておりますので、皆様よろしければぜひ見ていただければうれしいなと思います」と明かしている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る