天国と地獄 ~サイコな2人~:高橋一生のシャワーシーンに視聴者「可愛いが止まらない!」「ひたすら乙女」

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第2話のワンシーン(C)TBS
1 / 4
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第2話のワンシーン(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS系、日曜午後9時)の第2話が1月24日、放送された。同話では、高橋一生さん演じる日高陽斗<魂は彩子>がシャワーを浴びるシーンが描かれ、高橋さんの女性らしい演技に、SNSでは「可愛いが止まらない!」「ひたすら乙女」「めっちゃツボ!」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。

 ドラマは、綾瀬さん演じる、努力家で正義感が強いが慌てん坊な35歳の刑事・彩子が、高橋さんが演じるサイコパスな殺人鬼・日高と魂が入れ替わってしまう……というストーリー。「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN‐仁‐」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナル作。

 第2話は15分拡大版で放送。魂が入れ替わってしまった彩子と日高。彩子<魂は日高>は「出頭して一生を塀の中で過ごすか、それとも自分と協力して容疑を晴らすか」と、日高<彩子>に二者択一を迫り、彩子は仕方なく後者を選択する。彩子<日高>の指示に従うことになった日高<彩子>は、家宅捜索が入る前に、日高のマンションから連続殺人の証拠が入った段ボールを持ち出し、家宅捜索を乗り切る。その後、日高<彩子>は河原(北村一輝さん)の事情聴取を受けるも確たる証拠が出ず、釈放される……という展開だった。

 日高<彩子>がシャワーを浴びるシーンでは、彩子が日高の下半身を「絶対に見ない!」と宣言し、下を見ずに入浴。悪戦苦闘した結果、転倒してしまう姿もあり、視聴者からは「こんな面白い入浴シーン初めて!」「動きが愛らしい~」といった声が上がった。高橋さんの引き締まった上半身や脚も映し出され「サービスショット!」「ごちそうさまです」「ありがとうございます!」といった感想も書き込まれた。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る