板垣李光人:「仮面ライダージオウ」「約ネバ」の美少年 大河「青天を衝け」で徳川昭武役 兄は草なぎ剛、父は竹中直人

NHK大河ドラマ「青天を衝け」で徳川昭武を演じる板垣李光人さん
1 / 1
NHK大河ドラマ「青天を衝け」で徳川昭武を演じる板垣李光人さん

 俳優の吉沢亮さん主演で2月14日にスタートする2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の新たなキャストが1月26日に発表され、板垣李光人さんが出演することが分かった。特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」のウール役や、実写映画「約束のネバーランド」のノーマン役などで知られ、「美少年すぎる」と話題となった板垣さんは、水戸藩主・徳川斉昭(竹中直人さん)の十八男で、慶喜(草なぎ剛さん)の異母弟となる徳川昭武を演じる。

 板垣さんは「昭武は兄である慶喜に才を見いだされ、慶喜の代理として栄一(吉澤さん)と共にパリへ向かいました。そんな内からにじみ出る、ある種のカリスマ性を宿らせつつ、さまざまなものと丁寧に向き合いながら演じていきたいと思っています。そして、すてきな先輩方と共に作品を作れることがとても楽しみです」とコメントしている。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、朝ドラ「風のハルカ」(2005年度後期)「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る