若葉竜也:「おちょやん」で好演 千代の“初恋相手”小暮は「かっこよくないし、情けない」 

NHK連続テレビ小説「おちょやん」で小暮真治を演じている若葉竜也さん (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」で小暮真治を演じている若葉竜也さん (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」に出演している若葉竜也さん。ヒロイン千代(杉咲さん)が女優として働く鶴亀撮影所で、助監督の仕事をしながら、監督を目指している青年・小暮真治を演じている。右も左も分からない千代を助けるうち、千代から好意を寄せられるようになった“初恋相手”の小暮について「なんか変なヤツなんですよね。かっこよくないし、情けないというか」と語る若葉さんに、「おちょやん」出演が決まったときの心境、現場での杉咲さんの印象について話を聞いた。

 ◇「今までの朝ドラとは少し違う空気感を」という注文にプレッシャー

 「おちょやん」の出演が決まったときの気持ちについて、若葉さんは「『おちょやん』のオファーをいただいて台本を読んだとき、『あ、面白い』とシンプルに興味を持ちました。最初に演出の方にお会いしたときに、『今までの朝ドラとは少し違う空気感を作ってほしい』とおっしゃっていてプレッシャーでしたが、気負わず、小暮のフラットな空気感みたいなものが、視聴者の皆さんに新鮮に映ればいいなと思いながら演じました」と話す。

 また、「小暮は千代ちゃんが大部屋女優になる撮影所の助監督で、なんか変なヤツなんですよね。かっこよくないし、情けないというか」と語る若葉さんは、その一方で「でも、僕はそれがすごく好きで、小暮の最大の魅力だと思っています」と胸を張る。

 役を演じるにあたり、「人間らしい人が僕はすごく好きなので、それをどうにか体現できたらいいなと思って演じました」といい、「千代ちゃんに対して、表裏のない本音を伝えるのは、千代ちゃんのことをすごく信頼しているからこそだと思います。ここまでピュアに人と接するのは勇気がいると思います。僕自身、目の前にもし小暮がいたら、そんな真っすぐな目で見ないでくれって思うでしょうね」と笑顔を見せた。

 ◇いるだけで空気が明るくなる杉咲花 「あんなにキュートな人がいるんだ」

 若葉さんは現場での杉咲さんについて、「現場にいるだけでその場の空気が明るくなります。俳優さんの中には、『主役だから明るくしなきゃ!』と、どこか無理をしているのが見えてしまい心配になってしまうような方もいますが、杉咲さんにはそういう違和感がありません。あんなにキュートな人がいるんだなと思いました」としみじみ語る。

 最後に視聴者に伝えたいことを聞かれると、「良い作品にするために、誰もが『諦めずにもう一歩前に出る』という熱意で日々の撮影を積み重ねています。たった1人でも『あと一歩だけでいいから前に出てみようかな』と思ってもらえたら大成功だと思っています」と回答。続けて「このドラマの全てが見どころだと思いますし、物語が『点』ではなく『線』で繋がるように描かれているので、視聴者の皆さんが思う見どころが、そのまま見どころなんだと思います。皆さんが好きなシーンを見つけてもらえるとうれしいです」と語った。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る