麒麟がくる:突如ツイッターに降臨! 麒麟像の正体とは? OPの“隠れ麒麟”と関係も

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」公式ツイッターで公開された麒麟像 (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」公式ツイッターで公開された麒麟像 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の公式ツイッターで1月24日、「AWAITING KIRIN」との文字と共に意味ありげに投稿された「麒麟像」。ちょうどNHK総合で第42回「離れゆく心」オープニングタイトルバック(OP)が流れているころで、視聴者の注目を集めた。

 ◇“隠れ麒麟”のモデル “全体像”がついに初公開

 「麒麟」とは、王が仁のある政治を行うときに必ず現れる聖なる獣。オープニングタイトルバックには、麒麟の到来を求めて、森の中でたたずむ光秀(長谷川さん)の後ろ姿の向こうに、“隠れ麒麟”がうっすらと見え、ドラマのスタート時から熱心なファンの間で話題となっていたが、第42回の放送では、“隠れ麒麟”がより鮮明に、光り輝く(一部では「燃えさかっている」とも)姿を披露し、SNS上を沸かせた。

 ツイッターに投降された麒麟像は、タイトルバックにCGで描かれている“隠れ麒麟”の基になったもので、クリエーティブディレクターを務めた多田琢さんは、以前インタビューで麒麟の“全体像”の存在を認め、「いつかお見せすることができたら」と話していたが、ここに来てついに初公開された形だ。

 ◇ドラマ本編に麒麟はこない? “隠れ麒麟”挿入の理由

 そもそも何でオープニングタイトルバックに“隠れ麒麟”がいるのか。またドラマ本編にもいつか麒麟が登場するのか。視聴者は気になるところだが……。

 制作統括・落合将チーフプロデューサー(CP)は昨年2月の時点で、「今回のドラマでは麒麟を具現化するつもりはなくて、登場人物が麒麟の描かれている絵巻物を見たり、幻が現れたりというのは絶対にしない」と麒麟の登場を否定。その上で“隠れ麒麟”挿入の理由を「麒麟が希望の象徴でもあるので、全くゼロにはしたくなかった。当初はもっと大々的に出すっていう話もあったのですが、作っていく中で、控えめでいいんじゃないかってなり、今の形に落ち着きました」と語っていた。

 いずれにせよ、ドラマは1月31日放送の第43回「闇に光る樹(き)」を含めて残り2回。最後まで見逃せない。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る