明日のおちょやん:2月1日 第41回 千代、新しい喜劇の一座に参加 座長に指名されたのは…不安?

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第41回の一場面 (C)NHK
1 / 5
NHK連続テレビ小説「おちょやん」第41回の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第9週「絶対笑かしたる」を放送。2月1日の第41回では……。

 昭和3(1928)年夏、千代(杉咲さん)は、京都の鶴亀撮影所を離れ、新しい喜劇の一座に参加するため、4年ぶりに道頓堀に戻ってきた。シズ(篠原涼子さん)たちと再会し、芝居茶屋「岡安」に居候させてもらうことにする千代。参加する一座に集まったのは、旧天海一座の面々や歌舞伎、新派、歌劇団など出身がさまざまで、鶴亀株式会社から座長に指名されたのは、天海一平(成田凌さん)だった。しかし、不安が募る座員たちは……。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれた千代が、華やかな芝居の世界に魅せられ、自らも女優を目指すようになる。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る