麒麟がくる:あと7日 “帰蝶”川口春奈が語る「本能寺の変」 光秀の切ない思いに「感情移入せざるを得ない」

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第43回のワンシーン 川口春奈さん演じる帰蝶 (C)NHK
1 / 10
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第43回のワンシーン 川口春奈さん演じる帰蝶 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第43回「闇に光る樹(き)」が1月31日に放送され、帰蝶(川口春奈さん)と光秀(長谷川さん)の再会が描かれた。また、次週2月7日は最終回(第44回)で、副題は「本能寺の変」に決定。川口さんは、「光秀の切ない思いに感情移入せざるを得ない内容になっていると思います。最終回まで、ぜひご覧いただきたいと思います」と視聴者に呼びかけた。

 最終回に向け川口さんは、「『本能寺の変』がいよいよ近づいてきました。『本能寺の変』については、演じるまで『光秀が信長を倒した』ということしか知りませんでしたが、今回の『麒麟がくる』では、そこに至るまでの光秀の葛藤や迷い、そして、いろいろな人の思いを背負い、自分がやらなくてはいけないという責任感などの光秀の計り知れない思いをすごく感じます」とも語っていた。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く。2月7日の最終回は15分拡大版となる。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る