Travis Japan:先輩・屋良朝幸から「期待しかない」 “真のシンクロダンス”を追求する姿 「RIDE ON TIME」特集第3回

2月5日深夜に放送されるフジテレビの「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」に出演する「Travis Japan」(C)フジテレビ
1 / 1
2月5日深夜に放送されるフジテレビの「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」に出演する「Travis Japan」(C)フジテレビ

 フジテレビの「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(関東ローカル)で、ジャニーズJr.の人気グループ「Travis Japan」の特集の第3回が2月5日深夜から放送される。今回はメンバー7人が“真のシンクロダンス”を追求する姿に迫る。Travis Japanの主演舞台「虎者 NINJAPAN 2020」で振り付けを担当したジャニーズ事務所の先輩・屋良朝幸さんは、メンバーについて「あいつらに関しては期待しかない」と明かす。

 一方で、屋良さんにはTravis Japanにさらなる新境地を開いてほしいという思いがあった。屋良さんはメンバーに対し、イメージをシンクロさせればニュアンスの違う振りでも合わせられるといい、「踊ることを頑張りすぎないで」とアドバイス。中村海人さんは「“意思”のシンクロ。振りは違うのにこいつらシンクロしてるじゃん、っていうのをもう一つの武器にしたい」と力強く語る。

 また、中村さんは昨年12月下旬に新型コロナウイルスに感染し、今年1月半ばに約4週間ぶりに活動を再開。復帰直後の取材では「昨年末、嵐さんのコンサートのバックでTravis Japanが踊っていて。自分がコロナで出られなくなってしまった分、リハをし直さなきゃいけなくなったことは申し訳なかった」と心境を吐露する。続けて、「今一番何がしたいか?」と問われると、「みんなと踊りたい、もっと。それが楽しみ」と目を輝かせる。

 「Travis Japan ~ダンス・共鳴する7つの個性~」エピソード3は、2月5日深夜0時55分から放送。

テレビ 最新記事