君と世界が終わる日に:殉職した“美しすぎる自衛隊員”坪根悠仁が話題 「エール」で俳優デビューの“ジュノンボーイ”

連続ドラマ「君と世界が終わる日に」に出演した坪根悠仁さん
1 / 2
連続ドラマ「君と世界が終わる日に」に出演した坪根悠仁さん

 俳優の竹内涼真さんが主演を務める連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第4話が、2月7日に放送された。劇中で新人自衛隊員役を演じた坪根悠仁(ゆうと)さんに、「とても美しいお顔で、この子は誰?」「女の子と思うくらい整ってる」「バチバチに顔面きれいで最強」と注目が集まった。

 坪根さんは2000年3月16日生まれ、福岡県出身の20歳。2018年に、女性誌「JUNON(ジュノン)」(主婦と生活社)主催の美男子コンテスト「第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で、フォトジェニック賞と明色美顔ボーイ賞をダブル受賞した。昨年11月まで放送されたNHKの連続テレビ小説「エール」で俳優デビューを飾った。

 ドラマは、“生ける屍(しかばね)=ゴーレム”が出現した終末世界を舞台に描くサバイバルラブストーリー。第4話では、自衛隊員たちがゴーレムのサンプル採取のため、ショッピングモールを訪れていた。そこには響(竹内さん)らも逃げ込んでおり、等々力(笠松将さん)は自衛隊員の姿を見かける。そして、等々力は自衛隊に上司を殺された恨みから、隊員に弓を引き、その矢が命中したのが、坪根さん演じる新人隊員だった……という展開だった。

 視聴者からは「ゆうとくん撃たれちゃった時大号泣しました」「殉職悲しかったけどめちゃめちゃかっこよかったです」といった声も上がっていた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る