江戸モアゼル:第6話 “仙夏”岡田結実の元に“長兵衛”一ノ瀬颯が! 江戸に戻る決意の“仙夏”に…

連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」第6話のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 4
連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」第6話のワンシーン=読売テレビ提供

 女優の岡田結実さん主演のドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」(読売テレビ・日本テレビ系)第6話が2月11日深夜0時9分から放送される。

 花魁(おいらん)・仙夏(岡田さん)の元に、かつて結婚の約束をしていた武士・長兵衛(一ノ瀬颯さん)が現れ、仙夏は江戸に戻る決意をする。仙夏の送別会が開かれると、仙夏を引き留めようとする寿乃(山口まゆさん)の一言がきっかけで、仙夏を愛する鳥居(前田公輝さん)、仙夏に嫉妬する泉美(吉谷彩子さん)を交えて口論に発展。しかし、蔵地(葉山奨之さん)は何も言えなかった。

 数日後、泉美が、誕生日を迎える蔵地をディナーに誘う。一方、仙夏はギャルショップでアルバイトを始め、蔵地へのサプライズを計画する。長兵衛は、仙夏に認めてもらうため大金を稼ごうと、怪しい仕事の誘いに乗ってしまい、恋の五角関係が事件に発展する……。

 原作は江戸キリエさんのマンガ「江戸モアゼル」。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る