オー!マイ・ボス!恋は別冊で:第6話 “奈未”上白石萌音、“中沢”間宮祥太朗と急接近!?

上白石萌音さんの主演ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の第6話のワンシーン(C)TBS
1 / 13
上白石萌音さんの主演ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の第6話のワンシーン(C)TBS

 女優の上白石萌音さんの主演ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系、火曜午後10時)の第6話が、2月16日に放送される。予告動画では、「ドS先輩と急接近!?」というテロップとともに、間宮祥太朗さん演じる中沢涼太と、上白石さん演じる鈴木奈未が楽しそうにしている様子が映し出されている。

  第6話は、奈未(上白石さん)が宝来麗子(菜々緒さん)に付き添い、とあるパーティに出席すると、そこには、宝来潤之介(玉森裕太さん)の幼なじみの蓮見理緒(倉科カナさん)の姿が。潤之介がかつて思いを寄せていた相手だと知ってしまった奈未は、理緒と顔を合わせることができずに人影に隠れてしまう。

 理緒に気づかれぬよう麗子とパーティー会場を後にしようとする奈未だったが、偶然、麗子の父・宝来勝之介(宇梶剛士さん)と遭遇し、あいさつをかわす。さらに勝之介は麗子に新谷(細田善彦さん)という若手実業家の男を紹介するのだった。すると後日、麗子の元に新谷から、ある相談が持ちかけられ……。

 そんな中、パーティーから帰宅した奈未のアパートの前で潤之介が待っていた。電話もメールも返事がなく、避けられていると感じた潤之介は、「理由を教えてくれるまで帰らない」とその場に座り込んでしまい……というストーリー。

 ドラマは、ファッション誌編集部を舞台に、地方育ちの平凡な主人公・奈未が、鬼編集長の麗子の雑用係になったことから、仕事に、恋に全力で突っ走る“胸キュン”お仕事&ラブコメディー。「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」のスピンオフ「まだまだ恋はつづくよどこまでも」を担当した脚本家・田辺茂範さんのオリジナルで、松本明子プロデューサーや演出の田中健太さんら「恋つづ」スタッフが再集結して制作される。

写真を見る全 13 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る