青のSP-学校内警察・嶋田隆平-:第6話 “嶋田”藤原竜也がパワハラ受ける“新津”須賀健太救出へ “涼子”真木よう子の首を絞める

連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第6話のワンシーン=カンテレ提供
1 / 9
連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第6話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の藤原竜也さん主演の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第6話「ブラック職場」が2月16日に放送される。

 嶋田隆平(藤原さん)は、1年前に死亡した音楽教師の小川香里(明日海りおさん)の死に関わっていると疑う元教師の岡部(遠藤雄弥さん)の居場所を突き止めたが、嶋田が浅村涼子(真木よう子さん)に香里と恋人関係だったと明かした後、なぜか岡部の足取りが再び分からなくなる。嶋田は涼子に疑惑の目を向ける。

 そんな中、職員室では、1年生を担当している新津清(須賀健太さん)が、同じ1年生を受け持つ荒井英子(たくませいこさん)と古賀一成(兒玉宣勝さん)に仕事を押し付けられるなどのパワハラを受け、心身共に限界を迎えていた。

 新津と同期で学生時代の同級生でもある柴田透(泉澤祐希さん)は、新津を何とかして助けたいと立ち上がるが、そこには「他学年のことに口を出さない」という教師間の暗黙のルールがあった。

 柴田に泣きつかれた嶋田は、教師自身が解決すべき問題だと冷たく突き放す。しかし、柴田の悲痛な叫びに、生前、教師に対する学校の態度を「やりがいの搾取」だと嘆いていた香里と重ねてしまう。さらに、香里がかつて新津を、荒井や古賀から守っていたことも知る。そんな中、新津が夜道でひったくりに遭い、生徒の個人情報を流出させてしまう。

 同話の予告映像では「一年前の真実が語られる」というテロップとともに、香里が嶋田の肩に頭を乗せるシーンのほか、嶋田が涼子の首を絞める場面も収められている。

 ドラマは、警視庁捜査1課の敏腕刑事からスクールポリスとして公立赤嶺中学校に配属された嶋田が、SNSトラブルや生徒の薬物疑惑、教師のハラスメントなど学校の闇をあぶり出し、教師、生徒を問わず法に触れれば容赦なく逮捕する姿を描く学園エンターテインメント。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る