青のSP-学校内警察・嶋田隆平-:第8話 黒幕の正体が明らかに 藤原竜也が野球部のレーザー照射事件を捜査

連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第8話のワンシーン=カンテレ提供
1 / 7
連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第8話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の藤原竜也さん主演の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第8話「遂(つい)に黒幕現る」が3月2日に放送される。教師の小川香里(明日海りおさん)を死に追いやった黒幕の正体と学校が隠し続ける秘密が明らかになる。

 ある日、野球部のピッチャーの矢島裕(長島令玖さん)が、試合中に頭部にボールを受けて脳しんとうを起こす。矢島は投球するときに、目にレーザーが飛び込んできたと説明する。矢島は友達から信頼され、恨みを買うようなタイプではないため、嶋田隆平(藤原さん)は、部員たちに厳しい練習を課し、行き過ぎた指導をする顧問の阿部裕亮(音尾琢真さん)に対する嫌がらせではないかと考える。

 嶋田は、生前の香里が、部活帰りに熱中症のため誤って道路に出て、事故に遭った元野球部員の坂木司(山時聡真さん)の話をしていたことを思い出し、学校に来られなくなった坂木の家を訪ねる。そんな中、嶋田の携帯電話に送られてきた香里と浅村涼子(真木よう子さん)が口論する音声データの送信元を調べると、野球部の一件とのつながりが見えてきて……というストーリー。

 ドラマは、警視庁捜査1課の敏腕刑事からスクールポリスとして公立赤嶺中学校に配属された嶋田が、SNSトラブルや生徒の薬物疑惑、教師のハラスメントなど学校の闇をあぶり出し、教師、生徒を問わず法に触れれば容赦なく逮捕する姿を描く学園エンターテインメント。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る