イチケイのカラス:竹野内豊主演の“月9”ドラマ 伝説の刑事裁判官役で小日向文世、最高裁判所判事役で草刈民代が出演

“月9”ドラマ「イチケイのカラス」に出演する小日向文世さん(左)と草刈民代さん(C)フジテレビ
1 / 3
“月9”ドラマ「イチケイのカラス」に出演する小日向文世さん(左)と草刈民代さん(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演で、4月にスタートするフジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)に、小日向文世さんと草刈民代さんが出演することが2月20日、分かった。小日向さんは伝説の刑事裁判官・駒沢義男、草刈さんは最高裁判所判事・日高亜紀をそれぞれ演じる。

 ドラマは浅見理都さんの同名マンガが原作。絶対に冤罪(えんざい)を生むことのないよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官・入間みちお(竹野内さん)と、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走する東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)メンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。

 小日向さんが演じる駒沢は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部の部長。任官してから30年以上ずっと刑事裁判官一筋のベテランであり、ニコニコと笑みを絶やさず、ユーモアに満ちた温厚な人物。出世コースに縁がなく、62歳にしてイチケイの部長止まりだが、実は有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判において、30件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官。みちおが弁護士バッジを捨てるきっかけとなった事件の裁判にも関わっており、みちおを裁判官の道へ導いた師でもある。

 また、草刈さんが演じる日高は最高裁判所判事。最高裁判所長官1人、最高裁判所判事14人の計15人で構成される最高裁判所裁判官において、女性初となる最高裁判所長官のポストに最も近いと言われている超エリートだ。みちおが弁護士バッジを捨てるきっかけとなった裁判で裁判長を務めていた人物でもある。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る