田中みな実:「ジョブチューン」と「有吉ジャポンII」進行役を卒業 TBS山本里菜アナ、近藤夏子アナが後任

バラエティー番組「ジョブチューン」と「有吉ジャポンII」の進行役を卒業する田中みな実さん(中央) (C)TBS
1 / 1
バラエティー番組「ジョブチューン」と「有吉ジャポンII」の進行役を卒業する田中みな実さん(中央) (C)TBS

 フリーアナウンサーの田中みな実さんが、進行を務めているTBSのバラエティー番組「ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(土曜午後8時)と「有吉ジャポンII ジロジロ有吉」(金曜深夜0時20分)の両番組を3月で卒業することが2月22日、明らかになった。「ジョブチューン」の進行は同局の山本里菜アナウンサー、「有吉ジャポンII」の進行は同局の近藤夏子アナウンサーが務める。

 田中さんは2009年、同局に入社。「サンデー・ジャポン」(日曜午前9時54分)など数々の番組でMCのアシスタントや進行役を担当。2012年スタートの「有吉ジャポン」、翌年スタートの「ジョブチューン」では、2014年にフリーアナウンサーに転身した後も、引き続き進行役を務めていた。

 田中さんは「それぞれ8年以上やらせていただきました。この間の『ジョブチューン』の収録で、改めてセットを見回したら所々年季が入っていて。それだけ年次を重ねてきたんだなと実感しました(笑い)。『ジロジロ有吉』は(アシスタントを務めていた)『サンデー・ジャポン』のスタッフが主に携わっていて、スタッフとの絶対的な信頼関係の中で、大変心地よく仕事をすることができました」と振り返っている。

 「ジョブチューン」の進行を務める山本アナは「大好きな先輩から番組を引き継げる幸せを感じています。土曜日のこの時間は、のんびりゆっくりテレビを見られている方が多いかと思います。視聴者の気持ちを忘れず、番組を支えていけるように微力ながら頑張っていきたいなと思います」とコメント。

 「ジロジロ有吉」の後任の近藤アナは「私は学生の頃、みな実さんが出られている番組を見て憧れていました。私が引き継いで大丈夫かなと不安もありますが、視聴者の方にスタジオにいるような臨場感をもってもらえるよう、楽しく番組を盛り上げていくお手伝いができたらと思います」と意気込みを語った。

 田中さんは、山本アナから進行役の心得について質問され、「私は、ネプチューンさん、バナナマンさん、土田(晃之)さんといったとっても心強いレギュラー陣に囲まれながら、土曜の夜に家族で見ていただけるこの番組の楽しさを存分に感じながら進行役を務めていました」と回答。近藤アナからは収録への臨み方について聞かれ「きっと有吉(弘行)さんが知らず知らずのうちに近藤さんの個性を引き出してくれると思うので、考えすぎず、有吉さんに身を委ねて楽しんでください(笑い)」とアドバイスした。

 田中さんは「バラエティーで8年以上続けるって今の時代なかなかないことで。そんな番組に立ち上げから関わることができて本当に幸せでした。いいものだから、面白いものだから続いているんだと思います。今後とも引き続き両番組を愛していただければ幸いです」とメッセージを送っている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る