オー!マイ・ボス!恋は別冊で:ラストの“奈未”上白石萌音の涙の演技に「何回見てもぐっとくる」の声

連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の第7話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の第7話のワンシーン(C)TBS

 上白石萌音さん主演の連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系、火曜午後10時)の第7話が、2月23日に放送された。ラストでの奈未(上白石さん)と、潤之介(玉森裕太さん)のやりとりについて、視聴者からは「ラストシーンの多幸感が素晴らしすぎました」「奈未ちゃんが素直に気持ちを伝えたシーン。何回見てもぐっとくる」などの声が上がり、話題となった。

 ラストでは、長野県へ出張に行った奈未が、終電を乗り過ごしてしまい、中沢(間宮祥太朗さん)と2人で旅館に行ったと聞いた潤之介は、バイクを走らせ長野県へ。ある子犬がきっかけで、旅館にたどり着いた潤之介は、奈未と再会。潤之介は、「俺、奈未ちゃんのこと考えるとドキドキするんだ。奈未ちゃんが笑うとうれしいし、泣いていると悲しい。そんなふうに思えるのは世界中で奈未ちゃんだけなんだ」と思いを伝える。

 思わず涙をこぼしながら、「私の気持ち言ってもいい? 独り占めしたい。私のことだけ見ててほしい」と明かす奈未を、潤之介は「うん」と言って抱きしめる。奈未の涙を見た潤之介は「泣かないで」と言って、奈未の頭を優しくなでて……という展開だった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#ボス恋」が世界トレンド1位となるなど大盛り上がりで、「最後の二人の所キュンキュンでした」「ラストでキュンとしすぎてやばかった。身長差も憧れだわあ」などの感想がSNSに書き込まれた。

 上白石さんの演技にも注目が集まっており、「上白石萌音ちゃんの演技力にいつも魅了されちゃう」「涙が流れるタイミングも、まなざしも、ただ“好き”と伝えるよりも深みが増す。萌音ちゃんの演技力に涙。素晴らしい」「なみちゃんの気持ちを伝えるときの言い方! 潤之介が泣かないでって言ったあとのやさしく頭ぽんするとこ! もうすべてが尊い」などのコメントが続々と並んでいた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る