レッドアイズ 監視捜査班:第6話 “小牧”松村北斗がさらわれた! KSBCはジャックの危機に 森田望智がゲスト出演

連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第6話の場面写真=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第6話の場面写真=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)第6話が2月27日に放送される。女優の森田望智さんがゲスト出演。予告映像には「KSBC(神奈川県警捜査支援分析センター)がジャックされています」というセリフや、「小牧(松村北斗さん)の誘拐事件が発生」のテロップが収められている。

 伏見(亀梨さん)は謎の男・真弓(TAK∴さん)に連れ去られ、絶体絶命のピンチに陥る。伏見は彼が“先生”と呼ばれる事件の黒幕ではと疑うが、真弓は否定。何者かの指令を受けた真弓は伏見を解放する。

 一方、大学時代の後輩・悠香(森田さん)に呼び出された小牧は、怪しげな男たちに誘拐される。小牧は悠香の命と引き換えに、日本一厳重な倉庫のセキュリティー解除を命じられる。悠香のために犯罪に手を貸した小牧は、KSBCのシステムをジャックして……。

 ドラマは、実在の警察組織SSBC(警視庁捜査支援分析センター)を基にした架空の組織KSBCの活躍を描くサイバークライムサスペンス。婚約者を殺害された過去を持つ特別捜査官の伏見響介が、元犯罪者の集まるKSBCの民間捜査員と共に、監視カメラ映像などを駆使して凶悪犯を追い詰める。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る