開運!なんでも鑑定団:香取慎吾が運命感じたペア人形 満鉄の重役が残した“ラストエンペラー”にまつわる品も

3月2日放送の「開運!なんでも鑑定団」に出演する(左から)福澤朗さん、香取慎吾さん、今田耕司さん(C)テレビ東京
1 / 2
3月2日放送の「開運!なんでも鑑定団」に出演する(左から)福澤朗さん、香取慎吾さん、今田耕司さん(C)テレビ東京

 香取慎吾さんが、3月2日放送のバラエティー番組「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系、火曜午後8時54分)に依頼人としてゲスト出演する。香取さんは、運命を感じて手に入れたという「おじさんと女の子」と呼んでいる大きなペア人形の鑑定を依頼する。

 香取さんが鑑定を依頼する人形は、自宅に飾っているという大型のもの。初め、アンティーク家具を扱うインテリアショップで見かけて一目ぼれしたが、売り物ではなかったため、店主にお願いしても譲ってもらえなかったという。しかしその後、出演したドラマ「人にやさしく」(2002年、フジテレビ)のセットの中に偶然その人形を見つけて運命を感じ、人形の所有者である店主に再度お願いしてようやく譲ってもらうことができたという。

 番組では、清国第12代皇帝で“ラストエンペラー”として知られる溥儀(ふぎ)にまつわる品を持った依頼人も登場する。南満州鉄道の重役だった依頼人の祖父が残したという品で、香取さんらが見守る中、鑑定される。番組の予告映像では、「衝撃の鑑定結果に香取慎吾も仰天!」と告知されている。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る