24 JAPAN:第21話 “現馬”唐沢寿明が人質に “鬼束”佐野史郎は応援部隊を手配するが

連続ドラマ「24 JAPAN」第21話に出演する唐沢寿明さん
1 / 1
連続ドラマ「24 JAPAN」第21話に出演する唐沢寿明さん

 唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「24 JAPAN」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)第21話が3月5日に放送される。

 獅堂現馬(唐沢さん)は、特殊犯罪人の監禁施設に移送されてきたテロ組織の総元締、ビクター・林(竜雷太さん)と対峙(たいじ)する。直後、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵さん)暗殺計画と並行し、父のビクターを脱走させる計画を練ってきた長男のアンドレ・林(村上淳さん)が施設の変電所を爆破した。

 ビクターと共に暗闇で身動きが取れなくなった現馬は、CTU(テロ対策ユニット)東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎さん)に連絡し、応援を要請。鬼束はためらいながらも、本部長・中曽根尚道(相島一之さん)の決裁を仰ぐ前に応援部隊を手配する。

 だが、応援部隊の到着前に、アンドレは手下たちを従え施設になだれ込む。念願の父子再会を果たして勢いづいたアンドレとビクターは、力ずくで打ちのめした現馬を人質に取り、CTUとの取引を開始。かつて現馬がテロリストを排除するため実行した「夜のとばり作戦」で妻と娘を失ったビクターは、「今度はその苦しみをお前が味わうことになる」と現馬に言い放つ。

 ドラマは、米ドラマ「24-TWENTY FOUR-」シーズン1をベースに、日本初の女性総理誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間が描かれる。日本版ジャック・バウアーこと獅堂現馬が、CTUのメンバーと共に日本初の女性総理候補・朝倉麗の暗殺計画阻止という極秘任務にあたる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る