その女、ジルバ:第9話 “新”池脇千鶴、“きら子”草笛光子を看病 「OLD JACK & ROSE」はピンチに

連続ドラマ「その女、ジルバ」第9話のワンシーン=東海テレビ提供
1 / 3
連続ドラマ「その女、ジルバ」第9話のワンシーン=東海テレビ提供

 女優の池脇千鶴さん主演のドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)第9話「告白をきく覚悟」が3月6日に放送される。

 スミレ(江口のりこさん)の結婚パーティーの夜、きら子(草笛光子さん)が突然倒れ、「BAR OLD JACK & ROSE」は騒然。検査の結果、ただの飲み過ぎと分かり胸をなで下ろす新(池脇さん)たちだが、腰を強く打っていたため、念のため店の2階にあるジルバの部屋で養生、新がしばらく看病することになる。

 そんな中、翌日からなぜかエリー(中田喜子さん)、ナマコ(久本雅美さん)、ひなぎく(草村礼子さん)が相次いで体の不調を訴え、店を休むことに。このままでは、新と幸吉(品川徹さん)の2人だけで店を開けるしかない。そこにさっそうと現れたのは?

 新以外誰も見舞いにやって来ない状況に少しすね気味のきら子だが、部屋に顔を出した幸吉に「思い出すわね。ジルバの最期」と告げて……。

 原作は「第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞した有間しのぶさんの同名マンガ。アパレル店員から物流倉庫へ左遷された主人公・新が40歳未満お断りの「BAR OLD JACK & ROSE」に飛び込み、高齢ホステスたちの刺激を受けながら、忘れかけていたものを取り戻していく物語。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る