珈琲いかがでしょう:マンガから飛び出した? “原作そっくり”の中村倫也 メインビジュアル公開

連続ドラマ「珈琲いかがでしょう」のメインビジュアル(C)「珈琲いかがでしょう」製作委員会
1 / 1
連続ドラマ「珈琲いかがでしょう」のメインビジュアル(C)「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 俳優の中村倫也さん主演で、4月5日スタートの連続ドラマ「珈琲いかがでしょう」(テレビ東京系、月曜午後11時6分)から、メインビジュアルが3月6日、公開された。本作はコナリミサトさんの同名マンガ(マッグガーデン)が原作。原作ファンの間では、ドラマ化決定前から主人公が「中村倫也にしか見えない」と話題を呼んでいた。今回公開されたポスタービジュアルには、まるで原作から飛び出したかのような、移動コーヒー店「たこ珈琲」の店主・青山一に扮(ふん)した中村さんが写し出されている。

 「珈琲いかがでしょう」は、2014~2015年に「WEBコミック EDEN」で連載され、2018年にアニメ化もされた。主人公の青山が、心を込めて入れたコーヒーとさりげない言葉で、人生に少し傷ついた人たちの心を癒やしていく物語。

 磯村勇斗さんが青山の過去に深く関わる謎の男で“ぺい”と呼ばれている杉三平、夏帆さんが青山が店主を務める移動コーヒー店と出会う不器用女子の垣根志麻を演じる。ポスタービジュアルには2人の姿も収められている。

 また、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、オリジナルストーリー「珈琲“もう一杯”いかがでしょう」の配信も決定。ぺいによるドラマ本編の続きを描いた物語で、青山や垣根も登場する。ドラマの放送終了直後に配信される予定。

 さらに、3月11日深夜1時からはドラマの見どころを紹介する『「珈琲いかがでしょう」オススメ番組』を放送。中村さんをはじめとする出演者のインタビュー映像や、撮影現場の様子も公開されるという。テレビ東京、テレビ愛知で放送されるほか、地上波放送終了後には「ネットもテレ東」「TVer」「ニコニコ動画」「GYAO!」「YouTube」「Paravi」で配信される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る