武田玲奈:北川景子を敵視する後輩役に 「リコカツ」で“厳しいセリフ”多く「気が引けた」

4月スタートの連続ドラマ「リコカツ」第1話にゲスト出演する武田玲奈さん(C)TBS
1 / 1
4月スタートの連続ドラマ「リコカツ」第1話にゲスト出演する武田玲奈さん(C)TBS

 女優の武田玲奈さんが、女優の北川景子さん主演で4月にスタートする連続ドラマ「リコカツ」(TBS系、金曜午後10時)の第1話にゲスト出演することが3月22日、分かった。武田さんは、北川さんと共演するのは初めてで、北川さん扮(ふん)する主人公・水口咲の後輩・中谷ユミを演じる。

 ユミは、咲と同じファッション雑誌編集部に所属。編集長から優遇されている咲を一方的に敵視している。ユミは、咲が提出した企画と似たような企画を出したところ、咲の企画が採用されたことに募らせてきた不満を爆発させる。不満を爆発させたユミの一言が、“リコカツ”を考え始めた咲に、ある不安を抱かせる……という展開だ。

 「リコカツ」は、「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(読売テレビ・日本テレビ系)などで脚本を担当した泉澤陽子さんのオリジナル作品。自由奔放な妻・咲と生真面目な夫・紘一(永山瑛太さん)が、周囲に離婚の話を切り出せずにいる中、水面下で離婚に向けた活動“リコカツ”を進めていく姿を描く。

 ◇武田玲奈さんのコメント

 生きてきた環境や時代が違う人との接し方を考え直すきっかけになる役柄で、仕事の先輩後輩の関係の中で共感してくださる方が多いキャラクターだと思うので、そこに注目していただきたいです!

 北川さんとは初めてお会いしたのですが、雰囲気がとても明るい方で、現場もその明るさにしてしまうようなすてきな女優さんでした。そして、とても刺激的な現場でした! 厳しいセリフをストレートに伝えることが多かったので、とても気が引けました……。しかし社会の中で、ここまで言わなくても、ユミと同じように思っている後輩もいるかもしれません。ある意味、とてもリアルなシーンでした。

 撮影は1日のみだったのですが、北川さんをはじめとするキャストの皆様やスタッフの皆様に優しくしていただいて、いい緊張感を持ちつつ、落ち着いて撮影に臨むことができました。北川さんとのシーンは見応えがあるシーンとなっていますので、ぜひ見ていただければと思います!  私も放送をとても楽しみにしております!

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る