乃木坂46生田絵梨花:「賭ケグルイ」で武士のような力強さ意識 普段も「にらみを利かせてしまった」

「賭ケグルイ双」完成報告イベントに登壇した生田絵梨花さん
1 / 5
「賭ケグルイ双」完成報告イベントに登壇した生田絵梨花さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の生田絵梨花さんが3月22日、東京都内で行われた実写「賭ケグルイ」シリーズの新作ドラマ「賭ケグルイ双(ツイン)」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督、3月26日配信開始)の完成報告イベントに登場。今作で私立百花王学園の美化委員長で、生徒会のメンバーの三春滝咲良(みはるたき・さくら)を演じる生田さんは、「とにかく目力と姿勢を武士のように力強く見えるように意識して演じていました。そのせいか(普段の)乃木坂の活動のときもカメラを向けられるとにらみを利かせてしまって、マネジャーさんから『三春滝になっているよ』と言われたりしました」と明かした。

 続けて生田さんは「ファンの方もあの時期(の私)を振り返ったら、三春滝咲良だと腑(ふ)に落ちるんじゃないかな」とにっこり。撮影については、「監督から『みんなバンバンしかけていくから乗り遅れないように』と言われていたので、どういう殺伐とした現場なんだろうとおののいていたのですが(笑い)。(夢見弖ユメミ役の)松村(沙友理さん)から『すごくみんな優しい人たちだから安心していいんだよ』と言われて行ってみると、和気あいあいとした現場だったので、とても楽しみながら演じられました」と笑顔で振り返った。

 イベントには、主演の森川葵さん、萩原みのりさん、秋田汐梨さん、長井短さん、「日向坂46」の佐々木美玲さん、佐野勇斗さん、英監督も登壇した。

 「賭ケグルイ双」は、マンガ誌「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で連載中の河本ほむらさん作、斎木桂さん作画の同名マンガが原作。ごく普通の家庭に生まれた少女・早乙女芽亜里(めあり、森川さん)が、政財界の子女たちが通う、ギャンブルの強さが全てを決める私立百花王学園に編入し、ギャンブルに翻弄(ほんろう)されながらも奮闘する姿を描く。「賭ケグルイ」の主人公・夢子が学園に転校してくる1年前を描いた前日譚(たん)にあたる。全8話で、3月26日から毎週金曜日に2話ずつAmazon Prime Videoで独占配信される。

写真を見る全 5 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る