レッドアイズ 監視捜査班:最終話視聴率8.1% 亀梨和也、因縁の高嶋政伸の過去にたどり着く

連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」最終話の場面写真=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」最終話の場面写真=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演を務める連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)最終話が3月27日に放送された。平均視聴率(世帯)は8.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 ドラマは、実在の警察組織・SSBC(警視庁捜査支援分析センター)をもとにした架空の組織・KSBC(神奈川県警捜査支援分析センター)の活躍を描くサイバークライムサスペンス。主人公の伏見響介(亀梨さん)が、監視カメラ映像などを駆使して凶悪犯を追い詰める。

 最終話は、小牧要(松村北斗さん)の銃撃現場から逃走した伏見に、鳥羽和樹(高嶋政伸)から直接連絡が入る。そしてついに鳥羽の過去が明らかに。そこには伏見の婚約者・結城美保(小野ゆり子さん)の死と思いがけない関係があった。

 そんな中、KSBCのある人物が誘拐され、人質に取られてしまう。背後には鳥羽の「真の目的」が隠されていて……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る