カラフラブル:吉川愛&板垣李光人に「可愛すぎ」「尊すぎ」の声続々

連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」第1話のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」第1話のワンシーン=読売テレビ提供

 女優の吉川愛さんと俳優の板垣李光人(りひと)さんダブル主演の連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第1話が、4月1日に放送された。吉川さんと板垣さんについて、視聴者からは「吉川愛さんと板垣李光人くんが可愛い過ぎて尊過ぎてまぶし過ぎる」「李光人くんも愛ちゃんも可愛いすぎ」などの声が続々と上がった。

 マンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中の、ためこうさん作「ジェンダーレス男子に愛されています。」が原作。吉川さんは仕事熱心だが自身には手を抜きがちなマンガ誌の編集者・町田和子(わこ)を、板垣さんはメークやファッションを自由に楽しむ相馬周(めぐる)を演じている。

 第1話では、同期のファッション誌編集者・玲(中川大輔さん)から撮影を手伝ってほしいと頼まれた和子が撮影現場へ行くと、人気モデルのキラ(桐山漣さん)が現れる。和子がキラの美しさに見とれていると、キラを追ってやってくる男性が。女性と見間違われるほど美しいその男性は、和子の高校時代の後輩・周だった。キラのスタイリストをしていた周は、和子のことを「僕のずっと好きな人です」と宣言し、いきなり抱きしめ……という展開だった。

 SNSでは、「やっぱり吉川愛かわいい」「板垣君かわかっこいい」「板垣李光人、役ピッタリ」「めぐるくん可愛いし服もオシャレ」などのコメントが並んだ。ドラマについては、「カラフラブルとっても良かった。演技もすてきだし、服もすてきだし、どこ見ても眼福」「このドラマ癒される。なにこの世界感」という声も広がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る