ガールガンレディ:白石聖主演“大人向け特撮” 現役Seventeenモデル・出口夏希がリケジョ役 自ら囮に?

連続ドラマ「ガールガンレディ」で出口夏希さん演じる稲田秋帆 (C)「ガールガンレディ」製作委員会・MBS/BSP
1 / 17
連続ドラマ「ガールガンレディ」で出口夏希さん演じる稲田秋帆 (C)「ガールガンレディ」製作委員会・MBS/BSP

 MBS・TBS深夜の「ドラマイズム」枠で4月6日からスタートする、白石聖さん主演の連続ドラマ「ガールガンレディ」。バンダイスピリッツ原案、ADKエモーションズ企画による、“新時代の大人向け特撮ドラマ”で、学校を舞台に、女子高生たちがプラモデルの銃を使って、生き残りを懸けたバトルを繰り広げる……というオリジナルストーリーが展開する。同作には、気鋭の若手女優から、人気のグラビアアイドルまで個性豊かなキャスト陣が集結。ここでは、女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)専属モデルの出口夏希さん演じる稲田秋帆を紹介する。

 ◇稲田秋帆は変わり者だが腕の立つ理系女子

 稲田秋帆は、科学好きで、変わり者だが腕の立つ理系女子。地頭が良く、興味があることにはのめり込み、能力を発揮する。意味のないなれ合いを苦手としていたが、先輩の小春(白石さん)と夏菜(伊藤萌々香さん)と出会い、少し変わっていく。

 バトルでは、変わった掛け声を出しながら自ら囮(おとり)になることも。

 ◇「ガールガンレディ」のストーリー

 女子校で居場所を見いだせない地味な女子高生・小春。影の薄い彼女はいつも一人で過ごしていた。そんな彼女の唯一の趣味は、プラモデルを作ること。ある日、学校帰りに立ち寄った不可思議な骨董(こっとう)屋で、店長に勧められ「銃」のプラモデルと「アリス」という名前のフィギュアを購入する。

 夢中になって組み立てたその日の夜。目が覚めると彼女は、銃弾が飛び交う学校にいた。目の前には、小春が組み立てた「アリス」がまるで人間のように動いてプラモデルの「銃」を手渡し、小春に戦いの始まりを告げる。その名も、「ガールガンファイト」。それは、銃で同級生を撃たなくては生き残れない、壮絶な悪夢の始まりだった……。

写真を見る全 17 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る