広末涼子:撮影現場では「少年のよう」 いきなり側転&逆立ち

連続ドラマ「桜の塔」の会見に出席した(前列左から)椎名桔平さん、玉木宏さん、広末涼子さん、光石研さん、仲里依紗さん、岡田健史さん、吉田鋼太郎さん=テレビ朝日提供
1 / 2
連続ドラマ「桜の塔」の会見に出席した(前列左から)椎名桔平さん、玉木宏さん、広末涼子さん、光石研さん、仲里依紗さん、岡田健史さん、吉田鋼太郎さん=テレビ朝日提供

 女優の広末涼子さんが4月5日、東京都内で行われた連続ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の会見に、主演の玉木宏さんらと登場した。撮影の様子を聞かれた玉木さんが、「広末さんがとにかく明るい(笑い)。少年のようで、いきなり側転や逆立ちをしていた」と暴露。広末さんは「しましたが、何か(笑い)」と認め、笑いを誘った。

 広末さんは「それだけ聞くと、おかしな人みたいだから説明をさせていただきたい」と切り出し、「初めて柔道着を着て、新鮮な空気の柔道場で衝動に駆られたんです」と説明。さらに「機会をいただけて、楽しませていただきました」と語り、照れ笑いを見せた。玉木さんは、広末さんの側転と倒立について「すごくキレイでした」とほめていた。

 会見には、広末さん、玉木さんのほか、岡田健史さん、仲里依紗さん、光石研さん、吉田鋼太郎さん、椎名桔平さんも出席した。

 「桜の塔」は、2019年に放送され話題になった「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)の武藤将吾さんが脚本を手がける、完全オリジナルの刑事ドラマ。警視庁を舞台に、警視総監を目指して巻き起こる組織内のパワーゲームや、野望と正義を描く。4月15日から毎週木曜午後9時に放送。初回は10分拡大版。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る